肌にいい食材

お肌にいい食材とは?

ニキビの原因にはいろいろなものがありますが、特に気を付けてほしいのが食事です。

 

食事は本当に大切で偏った食生活はニキビの原因となってしまいます。最近では食の欧米化が進み、塩分や糖分が高いものや脂っこいものが巷に溢れています。
確かにおいしいですが、このようなものばかりを食べていると確実に肌は荒れてしまします。

 

バランスの良い食事をとることが大切です。
特に、ビタミンB2やビタミンB6は、肌の調子を整えたり皮膚の炎症を抑えたりする効果があるので積極的にとるようにしましょう。

 

ビタミンB2は、レバーやウナギ、青のりやワカメ、抹茶などに多く含まれています。
ビタミンB6は、マグロやカツオ、ニンニク、ピスタチオなどの食材に多く含まれています。

 

もちろんこれらだけを食べれば肌がきれいになるというわけではありませんので、あくまでバランスの良い食事を心がけましょう。

 

また、水を一日に2〜3リットル飲むようにしましょう。そうすることにより、体の中の循環がよくなり老廃物を外に排出してくれますよ!