睡眠不足は美肌の天敵

睡眠不足は美肌の天敵

寝ている間には成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンというと、背を伸ばす役目しかないと思われがちですがそんなことはありません。肌のターンオーバーを促進し、お肌の調子を整えるのがこの成長ホルモンなのです。

 

お肌のゴールデンタイムという言葉を聞いたことはありますか?これは、午後10時から午前2時までの4時間で、1日のうちに最も成長ホルモンが活発に分泌される時間帯なのです。
このゴールデンタイムの間に睡眠をとることが理想ですが、現代人にとって午後10時に就寝するということはなかなか難しいものがあるでしょう。

 

そこで、眠り始めの3時間の睡眠の質を高める。ということが代わりに重要になります。成長ホルモンは眠り始めてから最小の3時間で多く分泌されることが分かっています。なので、この3時間に睡眠のしつを高くすることが大切です。

 

そのためには、寝る3時間前までには食事をとる。アルコールは飲まない。
寝る直前に、テレビやパソコン、スマホを見ない。寝る1時間前くらいから、部屋を暗くしてリラックスさせるなどの工夫が必要です。

 

これらのことを実践して、質の高い睡眠をとって、美肌を目指しましょう!