シミの原因

シミの原因とは

シミの原因は、メラニンが過剰に生成されることによって発生します。このメラニンはメラノサイトで生成されますが、メラノサイトにメラニンを作りなさいと命令しメラノサイトを活性化させる物質があるのです。それは、次のようなものです。

 

紫外線

紫外線が入ってくると、メラノサイトが細胞を守るためにメラニン色素を作り出す働きが活性化されます。ここで、皮膚細胞に異常が起こるとメラノサイトが活性化した状態のままとなってしまい、シミが発生してしまいます。

 

活性酸素

活性酸素が発生すると、これを取り除くために「メラノサイト刺激ホルモン」が分泌されます。すると結果的にメラニンが生成され、シミができやすくなってしまうのです。活性酸素を生み出すものには、紫外線、喫煙、飲酒、睡眠不足、食品添加物、排気ガスなどの有害物質を含む空気などがあります。

 

炎症

ニキビなどの炎症によるシミも代表的な原因です。ニキビなどの皮膚の炎症が発生すると、それを直すために、新しい細胞を作り出す働きが活性化されます。しかしこれと同時に、メラノサイトも一緒に活性化してしまうので、メラニン色素が生成されてシミになってしまうのです。
皮膚に炎症を起こさせるものには次のようなものがあります。日焼け、摩擦、虫刺され、ニキビ、刺激の強い化粧品などです。

 

以上のような原因によってシミは引き起こされます。普段からのスキンケアをしっかり実施して、シミを防ぎましょう。